近みちするより 遠まわりしよう

勉強って人生の「近みち」だって言うけれど、「遠まわり」した方がきっと楽しい。 知識は頭にギューっと詰め込むより、楽しんでいたらいつの間にか満たされている方がいいに決まってる。 子供達のこれからに必要な沢山の知識を楽しんで自分のモノにしてもらいたい。

望遠鏡で本当に宇宙は見えるのか?!

クリスマスや誕生日プレゼントの定番、望遠鏡。

理科を習い始めると出てくる天体。

月、太陽に始まり、夏の大三角冬の大三角

男の子なら(女の子でも?)一度は通る

宇宙への夢。

 

それを身近なものにしてくれる魔法の道具

それが望遠鏡です。

クリスマスプレゼントに

「望遠鏡が欲しい!」なんてねだられたご家庭もあるのではないでしょうか

 

子供の夢は膨らみます。

ついでに大人も夢が膨らみます。

f:id:surasura2525:20190111224029j:plain

こんなのとか

f:id:surasura2525:20190111223944j:plain

こんなのとか
が見れたらすごい!!!

 

・・・と思いますよね。

図鑑を見ればこういう写真が沢山のっているし、

インターネットや写真集を見ても、

美しい宇宙の姿が沢山。

多くの人アマチュアの写真家さんたちも、

こぞって写真をアップしているし。

ヨドバシカメラいっても

望遠鏡と一緒に綺麗な星々の写真を飾っているし

これを買ったらこんなのが観れる!

って期待して当然です。

 

予算2〜3万円

クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントですからね。

まあ、このくらいですよね。

最大手Vixenだと

f:id:surasura2525:20190111225215j:plain

このくらいのやつ。これが2万円。

結構立派です。

天下のVixenですからね。当然おもちゃ感ゼロです。

口径50mm(レンズの直径サイズ)

最大倍率175倍(実はこの倍率が曲者)

 

これで見えるもの。。。月。以上。

月のクレーターはかなり美しく見えます。

それこそ、もうすぐそこに月と錯覚するくらい。

月が大好きで、月だけ見てれば満足であれば

かなりオススメです。

 

しかし、月だってすぐ飽きてします。

もっと色々見たい。

木星シマシマ土星の輪っか。

 

で、

木星を見ると

f:id:surasura2525:20190111230543j:plain

????????

 

土星ならどうだ

f:id:surasura2525:20190111230813j:plain

???????

 

土星は一眼レフで撮影したものを

PCでトリミングしてこのくらいです。

覗いた状況ではほぼ点です。

 

なんでそんなに見えないのか

宇宙は考えているよりずっと広い

というのは冗談としても、

要するに、太陽系の惑星を見る程度ですら、

2〜3万円クラスの望遠鏡では

性能が低すぎるのです。

 

また、町の灯りと比べて、

星の光はものすごく暗いので、

かなり条件の良い場所

たとえば山に囲まれて、光がない場所で

かつ、月の光がない新月の夜など

に行って観測しないと、

まともに見えません。

 

目的の星を見つけるのが猛烈に難しい

空を見上げれば、

木星がどれか、火星がどれか

ある程度わかると思いますが、

望遠鏡は、天空のたった1点を拡大しているので、

目的の星を視野に収めるのが、

かなり難しいのです。

 

そして星が見えない最大の原因は・・・

 

地球は自転している

裸眼で空を見上げても、星が動いていることは

ほぼ実感できませんが、

望遠鏡をのぞいてみると

地球が自転していることがはっきり分かります。

 

望遠鏡で狙った星を仮に上手く視野に収めたとしても、

地球の自転は思いのほか速く、

視野に入った!と喜んだのも束の間

数秒後には、視野から出て行ってしまいます。

 

地球は常に動いているため、

すべての星は、動いているように見え、

手動でそれを追いかけることも出来ず、

じっくり観測することができないのです。

 

では、どうすれば見えるのか

レンズ口径200mm程度の望遠鏡を使う。

(よく知っている方には、50mmでも見える!

とお叱りを受けるかもしれませんが・・・

条件や、技術などを踏まえざっくりと・・です)

 

一言でじゃあ何mmならいいと言えることではありませんが、

要するに望遠鏡の性能アップが必要です

ちなみにレンズ口径200mmの望遠鏡は

f:id:surasura2525:20190111233613j:plain

こんな感じ・・・

○○mmというのは、筒の中に入っている

レンズの直径の寸法なので、

○○の数値が大きくなると

筒も太くなります。

 

私が、友人が持っていた200mm口径の望遠鏡で

見せてもらった木星がこんなイメージ。

f:id:surasura2525:20190113103726j:plain

実際は、80mm位でも木星みえますが、

視野に対する比率(つまり見える大きさ)がだいぶ小さいので、

覗くと「うお!ちいさ!!」って感じです。

ネットに載っている写真のほとんどは、

その部分だけを拡大して加工して、

見やすい大きな画像にしているのです。 

 

天体自動導入装置を使う

要するに、座標をつかって自動的に、

目的の星を探してくれる装置です。

f:id:surasura2525:20190111234221j:plain

火星、木星のように裸眼で見つけられる惑星であれば

気合いで探し出せるかもしれませんが、

 

もう少し遠い天王星とかアンドロメダとか

裸眼で見つけられない星を見たい場合、

これがなくては到底見つけられません。

 

赤道儀を使う

地球の自転に合わせて、

望遠鏡をモーターで動かし、

目的の星をとらえ続けてくれる装置です。

 

 

f:id:surasura2525:20190111234707j:plain

こんなやつ。

三脚の頭ではありません。

要するに星追尾装置です。

 

これらが揃ってようやく月以外の

惑星がまともにみれるようになります。

 

忘れてはいけないもう一つ

惑星を一通りみると

次に見たくなってしまうのが、星雲です。

 

オリオン座三つ星の下で

最も大きく見えて美しいピンクの光を放つ

オリオン座大星雲

f:id:surasura2525:20190111235411j:plain

 

オリオン座大星雲は、

比較的大きく見えるのですが、

望遠鏡で覗くと

 

f:id:surasura2525:20190111235422j:plain

こうです。

 

さまざまな星雲が放つ、美しい色彩は、

人間の目には見えません。

人間の目は、太陽の可視光しか見えない

性能の悪いレンズなので、

星雲の淡い光を捉えることができないのです。

 

ではなぜ画像はカラフルかというと、

カメラのレンズで撮影しているためです

カメラのレンズは、人間の見えない光も

捉えることができるのです。

 

そのため、裸眼で望遠虚を覗くと

冒頭写真の金色に輝くアンドロメダ

美しく赤く光るばら星雲も

みんなモノクロです。

 

人間の眼って不便ですね。。。

 

結局金か!!

宇宙を「自前で」綺麗にみるにはお金がかかります

数10万円〜100万単位で。

 

しかし、ビギナー用でも、

何度も何度も、星空を眺める経験を重ね、

機材を研究し、 

技術を持つことで、80mm程度の望遠鏡でも

十分に楽しむことは可能です。

そうやってみれた時の喜びは

ひとしおかもしれません。

 

救いの手

しかし、もっとすごい望遠鏡で、

しかも無料で、簡単にみることができる方法があります。

 

f:id:surasura2525:20190112000303j:plain

なんと、こいつで見れます。

木星シマシマなんてくっきりです。

土星のリングもはっきりです。

火星は・・・ぼんやりオレンジです。(火星は小さいので)

 

国立天文台の観望会に行こう!

観望会にぜひ行ってみてください。

覗ける時間は短いですが、

とっても近く宇宙を感じることができます。

 

しかし、私も何度か行っている観望会ですが、

これだけの望遠鏡を使っても、

惑星を見た印象は、やはり小さい・・・・です。

 

宇宙は本当に遠いのだなあと

しみじみと実感するほどです。

 

それでも望遠鏡は永遠のあこがれ

これだけ書いている私ですが、

実は80mmで楽しんでいます。

 

都心の真っ只中の、光害だらけの家の屋上で

楽しんでいます。

 

月は本当に綺麗です。

プレアデスやヒアデスのような星団は

とてもきれいに見えます。

木星も頑張ればガリレオ衛星くらいはみれます。

火星は・・・オレンジの点です笑

 

小さな望遠鏡で近くの星をたのしみ、

大きくみたいときは、天文台

 

そんな風に星を楽しめると良いかと思います。